成功報酬型の人材紹介サービスとは?特徴やメリット・デメリットを紹介 | 顧問バンク

コラム

成功報酬型の人材紹介サービスとは?特徴やメリット・デメリットを紹介

成功報酬型人材紹介は、初期費用不要を大きな特徴とする人材紹介サービスです。概要とメリット・デメリット、費用の相場を解説するので、理解を深めたい方は参考にしてください。

成功報酬型の人材紹介とは

人材紹介は採用活動中の企業から依頼を受けて、人材紹介会社が求人票にマッチする人材を紹介するサービスです。人材紹介の中で予め定めた成果をあげたときに費用が発生するサービスを、成功報酬型人材紹介といいます。

成功報酬型人材紹介の場合、依頼の段階で費用がかかることは基本的にありません。費用がかかるタイミングは、サービスにより異なります。どのような成果をあげたときに費用が発生するかを、確認してから利用するべきといえるでしょう。

成功報酬型の人材紹介の課金の仕組み

成功報酬型人材紹介で費用がかかるタイミングは、課金の仕組みを理解すればわかります。成功報酬型人材紹介の課金の仕組みは、大きく以下の2種類に分かれます。

【成功報酬型人材紹介の課金の仕組み】

  • 採用課金
  • 応募課金

それぞれの概要は次の通りです。

採用課金

採用課金は、人材紹介でマッチングした人材の採用を決めたときに費用が発生する仕組みです。ほとんどの人材紹介は、この課金方式を用いています。採用の定義や採用を把握するタイミングは、サービスで異なります。例えば、採用が決まった求職者にお祝い金を支給する制度を設け、求職者がこれを利用することで採用を把握するサービスなどがあります。採用課金の魅力は、採用が決まるまで費用がかからないため利用のハードルが低いことです。一方で、採用コストは割高になる傾向があります。したがって、少人数の採用に向いているといわれています。

応募課金

応募課金は、求職者から応募があったときに費用が発生する仕組みです。報酬単価は採用課金より低いため、大人数の採用に向いているといわれています。ただし、想定以上に応募者が集まると、採用コストが膨らんでしまいます。志望度の低い応募や応募後のキャンセルが多発する場合も同様です。これらの問題点を解決するため、予算に合わせて募集が自動で締め切られるサービスや、一定の条件を設けて応募を除外申請できるサービスなどが登場しています。

成功報酬型の人材紹介を利用するメリット

成功報酬型人材紹介を利用する主なメリットは以下の4点です。

初期費用が不要

成功報酬型人材紹介を利用する最も大きなメリットは、初期費用が基本的にかからないことです。採用などを条件に課金されるため、理想の人材となかなか出会えないと考えている企業であっても気軽に利用できます。ただし、サーチ型人材紹介と呼ばれるサービスを利用すると、採用あるいは応募前に着手金を請求されるケースがあります。サーチ型人材紹介とは、企業から依頼を受けて条件に合致する人材を探して紹介するヘッドハンティング形式のサービスです。着手金は、基本的に成功報酬の一部として扱われます。しかし、採用に至らなくても返金はされません。

急務な採用にも対応してもらえる

求人募集をかけるまでのリードタイムが非常に短い点も、成功報酬型人材紹介の魅力といえます。急な退職などで急いで人員を補充しなければならないときも、スピーディに対応してくれます。転職サイトは、申込から求人募集まで2週間程度、採用特設サイトを起ち上げると1~2カ月程度、かかることが少なくありません。できるだけ早く求人募集をかけたい場合は、成功報酬型人材紹介が適しています。

採用にかかる社内の人的コストを削減できる

成功報酬型人材紹介を利用すれば、採用にかかる社内の人的コストを大きく削減できる可能性があります。人材紹介会社が、採用活動に関わる業務を代行してくれるからです。具体的には、求人票の作成や募集開始、応募対応、結果通知などを代行してくれます。さまざまな業務を代行してくれるため、採用担当者はコア業務に集中できます。つまり、人的コストを減らして、採用活動の質を高められる可能性があるのです。採用担当者が他の業務を兼務している場合や採用担当者に大きな負担がかかっている場合は、利用を検討するとよいかもしれません。

採用を非公開で進められる

成功報酬型人材紹介の募集形式は、公開と非公開に分かれます。したがって、新規事業を起ち上げるため競合他社には知られたくない人材を募集するときも安心して利用できます。もちろん、前任者の退職を業界に知られたくない場合や、公開募集すると応募が殺到しそうな場合も同様です。環境に合わせて、募集形式を選べる点も成功報酬型人材紹介を利用するメリットといえるでしょう。

成功報酬型の人材紹介を利用するデメリット

成功報酬型人材紹介には、デメリットもあります。利用を検討している方は、次の点に注意しましょう。

成功報酬が高い

成功報酬型人材紹介を利用すると、他の採用手法を利用したときよりも採用コストが高くなってしまうことがあります。成功報酬の相場が高く設定されているからです。初期費用がかからない点、採用業務を代行してもらえる点などは魅力ですが、採用時にかかるコストには注意が必要です。基本的には、トータルでかかるコストを把握してから利用するべきといえるでしょう。

大量採用をしにくい

成功報酬型人材紹介は、大量採用にあまり向いていません。一定の条件にマッチングする人材を紹介するサービスだからです。マッチングの段階である程度絞られるため、一度に大量の応募者と出会えることは基本的にありません。もちろん、採用人数を多く設定することはできますが、決められた期間内に希望通りの人数を採用できるかどうかはケースバイケースです。基本的には、大量採用にあまり向いていない採用手法と理解しておきましょう。

自社にノウハウが蓄積しない

成功報酬型人材紹介を継続的に利用すると、採用に関するノウハウを自社に蓄積できない恐れがあります。採用活動に関わる業務の大部分を人材紹介会社が代行してくれるからです。ノウハウを蓄積できないと、人材紹介会社に依存することになります。自社だけで採用活動を行うと、募集のかけ方や選考方法などがわからないからです。このような事態に陥らないため、採用活動を人材紹介会社に任せっきりにしないことが重要といえるでしょう。コア業務は自社で行ったり、他の採用手法も導入したりすることで、成功報酬型人材紹介を利用しつつ採用に関するノウハウを自社に蓄積できます。

成功報酬型の人材紹介の相場

メリット・デメリットと併せて押さえておきたいのが、成功報酬型人材紹介を利用したときにかかる費用の相場です。費用の算出方法は、以下の2種類に分かれます。

【成功報酬の算出方法】

  • 上限制手数料
  • 届出制手数料

上限制手数料の限度額は、採用した人材に支払われた賃金額の10.8%相当額です。6カ月を超えて雇用された場合は、6カ月間の雇用にかかる賃金額の10.8%相当額が限度額になります。ただし、上限制手数料を採用している人材紹介会社はほとんどありません。

多くの人材紹介会社は、届出制手数料を採用しています。届出制手数料では、採用した人材の初年度の年収に一定の料率をかけた金額が成功報酬になります。料率の上限は50%、料率の相場は30~35%程度です。つまり、採用した人材の初年度の年収が500万円であれば、150~175万円程度の成功報酬がかかります。具体的な料率は、業界や職種、契約内容などで異なります。

成功報酬型人材紹介で優秀な人材を確保

人材紹介の中で、採用や応募など一定の成果をあげたときに費用が発生するサービスを成功報酬型といいます。成功報酬型人材紹介のメリットは、初期費用が基本的にかからないこと、採用にかかる人的負担を減らせることなどです。一方で、成功報酬が高い、採用に関するノウハウを蓄積しにくいなどのデメリットもあります。

成功報酬の算出方法は、賃金額の10.8%を上限とする上限制手数料と、初年度の年収に一定の料率をかけた金額を成功報酬とする届出制手数料に分かれます。多くの人材紹介会社は、届出制手数料を採用しています。ある程度の採用コストはかかりますが、初期費用不要で自社の条件にマッチする人材を紹介してもらえる点は魅力です。

リスクを抑えつつ優秀な人材を確保したい方は、成功報酬型人材紹介の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧