CFO(最高財務責任者)とは?具体的な役割について解説 | 顧問バンク

コラム

CFO(最高財務責任者)とは?具体的な役割について解説

CFOは、財務領域を専門分野とする経営層の一員です。グローバル化の進展などに伴い重要性が増しています。この記事では、CFOの概要や業務内容、求められる知識などを解説しています。

CFOとは

CFOは「Chief Financial Officer」の頭文字で構成される略語です。日本語で最高財務責任者を意味します。日本語訳からわかるとおり、CFOは財務・経理の最高責任者です。企業における位置づけは、CEO・COOに次ぐナンバー3、あるいはCOOと並ぶナンバー2といえるでしょう。

グローバル化の進展に伴い国内企業でもCFOの重要性が認識されだしています。高度な財務戦略や財務管理の透明化を求められるようになったからです。

ただし、CFOは財務だけに精通していればよいわけではありません。財務に関する専門的な知識のほか、営業・マーケティングなど、幅広い知識・経験も求められます。

CFOの役割

CFOの主な役割は、経営方針などを見据えながら財務計画を立案することです。具体的には、資金の調達・投資・配分に関する計画を立案します。財務計画を通して、企業価値などを最大化していくことが主な役割です。

また、財務責任者という位置づけから、経営層の一員として企業の意思決定に関わることも求められます。具体的には、財務面の知識を生かしてCEOの経営判断、COOの業務執行をサポートします。幅広い役割を求められるため、財務・経理以外の知識・経験も必要になるのです。

CFOの主な業務内容

CFOの主な業務として以下の3つが挙げられます。

【CFOの主な業務】

  • 財務戦略立案
  • 資金調達
  • 上場準備

それぞれの概要を解説します。

財務戦略立案

事業規模がある程度拡大した企業のCFOにとって、重要な業務といえるのが財務戦略の立案です。経営目標を達成するため、資金調達はもちろん資金の投資・配分も適切に行わなければなりません。

例えば、事業規模が大きくなると、人件費・広告費・開発費などが以前よりもかかります。したがって、適切な予算配分を求められます。予算配分に必要となるのが事業計画の評価などです。CFOは、「事業が適切な利益をあげられるか」、「コストカットできる要素はないか」、「資金繰りを悪化させている要素はないか」などを評価します。

評価内容を加味した財務戦略を立案することで、企業は成長スピードを維持・加速できます。財務戦略の立案は、CFOにとって力の見せ所といえるでしょう。

資金調達

創業期から拡大期に位置づけられる企業に務めるCFOにとって、重要な業務といえるのが資金調達です。創業期から拡大期にある企業は、運転資金が乏しいケースが少なくありません。

資金調達の主な手段は、融資・出資・補助金と助成金などです。融資は日本政策金融公庫からの借入や民間金融機関からの借入、出資はベンチャーキャピタルや個人投資家からの資金調達、補助金と助成金は厚生労働省や自治体が実施している制度の利用などが該当します。

融資は金融機関の審査があるため、財務諸表や返済計画などを作成しなければなりません。
出資は、ベンチャーキャピタルや個人投資家の選定、発行する株式の数や種類の交渉、契約書の作成などを行うことになります。補助金と助成金は、該当する制度を探して申請する必要があります。

いずれにせよCFOは、利害関係者に自社へ融資・出資するメリットを説明することになります。優秀なCFOがいれば、効率よく資金調達を進められるでしょう。

上場準備

企業規模が大きくなると、株式上場を検討するケースがあります。上場準備もCFOの主な業務です。具体的には、内部統制の整備や監査法人の選定、証券会社の選定など、一連の手続きを行います。

ただし、業務内容が専門化するうえに利害関係者も増えるため、上場準備チームなどを組んで対応することが一般的です。したがって、CFOは上場準備チームなどをマネジメントする役割が求められます。

また、市場関係者などとの関係構築もCFOの業務です。上場後の株価に影響を与えるため、市場関係者などとの関係構築は一連の手続きと並ぶほど重要な業務といえるでしょう。

CFOに求められる知識・スキル

CFOに欠かせない知識・スキルといえるのが財務・会計知識と経営知識ですが、なぜ必要になるのでしょうか。

財務・会計知識

CFOは財務の最高責任者であるため、財務の知識が必要です。財務の専門知識がないと、現状を分析して経営目標を達成する適切な財務計画を立案できません。

加えて、会計の知識も必要になります。資金の投資・配分・調達などを決定するために、利益を求めなければならないからです。利益が明らかにならないと、「どの事業にどれくらいの資金を投資するか」、「事業計画を達成するためどれくらいの資金を調達しなければならないか」などを明らかにできません。つまり、財務計画を立案できないのです。

資金を運用・管理して企業価値などを最大化するために、財務と会計の知識が求められます。

経営知識

CFOは、財務・会計知識だけでなく経営知識も求められます。経営層の一員として企業の意思決定に関わるからです。財務・会計の知識があっても経営知識がないと、CEOの意思決定を適切にサポートできません。

したがって、CFOには経営企画などの経験を求められることもあります。CFOは、幅広い知識・経験を求められる役職といえるでしょう。

混同しやすい用語

CFOは、CXO人材のひとつです。CFOと混同しやすいCXO人材として、CEOとCOOが挙げられます。CEOとCOOの概要は次のとおりです。

CEO

CEOは「Chief Executive Officer」の頭文字で構成される略語です。日本語で最高経営責任者を意味します。

CEOの主な役割は、企業の経営方針や事業計画など、経営に関わる重要事項に対する責任を負うことです。CFOは財務の知識などを生かしてCEOをサポートします。

COO

COOは「Chief Operating Officer」の頭文字で構成される略語です。日本語で最高執行責任者を意味します。

COOの役割は、CEOが定めた経営方針などを日々の業務に落とし込んで責任を負うことです。基本的には、CFOと協力しつつCEOをサポートします。

CFOは財務領域の責任者

CFOの主な役割は、CEOが定めた経営方針などをもとに財務計画を立案して企業価値を最大化することです。財務領域の責任者であるとともに経営層の一員として企業経営に携わる点がポイントといえるでしょう。

具体的な業務は、財務計画の立案にとどまらず資金調達・上場準備など多岐にわたります。CFOが力を発揮することで、資金調達をスムーズに行い、企業の成長スピードを加速できる可能性があります。

グローバル化の進展とともに、CFOの重要性は高まっています。CFOの必要性を実感している方は、企業と顧問のマッチングサイト・顧問バンクで会計や財務に強い専門家を見つけてみてはいかがでしょうか。

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧