【徹底比較】おすすめのM&Aプラットフォーム10選を紹介 | 顧問バンク

コラム

【徹底比較】おすすめのM&Aプラットフォーム10選を紹介

利用登録をすることで、売り手側企業や買い手側企業を見つけられるサービスをM&Aプラットフォームといいます。ただし、具体的な内容は、サービスで異なります。この記事では、おすすめM&Aプラットフォーム10サービスの特徴を紹介しています。

8,500名のプロ人材・顧問が登録するプラットフォーム「顧問バンク」。
人脈を活用した営業活動の強化、社内の経営課題の解決に最適な人材に直接アプローチ!
→まずは、【公式】顧問バンクにアクセスしてPDFを無料でダウンロード

おすすめM&Aプラットフォーム①:M&A総合研究所

M&A総合研究所は、経験豊富なアドバイザーがフルサポートを行ってくれるM&Aプラットフォームです。掲載されているM&A案件は、飲食・美容、ウェブシステム、商社・小売・流通、メーカー、医療・介護、不動産・教育など多岐にわたります。

特徴は、AIマッチングアルゴリズムを活用することなどで満足度の高い買い手企業を素早く見つけられることです。

経験豊富なアドバイザーのサポートを受けることで、交渉やデューデリジェンスにかかる時間を削減できる点も見逃せません。M&A総合研究所は、平均6.2カ月でM&Aを成約させています。

おすすめM&Aプラットフォーム②:TRANBI(トランビ)

TRANBIは、必要に応じて専門家のサポートを受けられるM&Aプラットフォームです。未経験者によるM&A成功率は75%です。必要であれば手厚いサポートを受けられることがわかります。

特徴は、買い手側が自分で売り手企業を探せることと直接交渉を行えることです。売り手側は平均15社の買い手企業が見つかっています。もちろん、売り手側から気になる買い手にオファーを提案することも可能です。

おすすめM&Aプラットフォーム③:BATONZ(バトンズ)

BATONZは、売り手側に対しては成約サポーターが無料で支援、買い手側に対しては希望に応じて約2,000社のなかから最適な専門家を紹介するM&Aプラットフォームです。

累計マッチング数は99,249件、累計M&A案件数は13,854件です(2021年12月24日時点)。飲食、医療・介護、調剤薬局、小売業、ソフトウェアなど23種類の業界に対応している点、平均3.5カ月で成約を実現している点が特徴といえるでしょう。

中小企業に特化した企業調査・バトンズDD、中小M&A保険を提供している点も見逃せません。サポートが充実しているため、安心して交渉を進められます。

おすすめM&Aプラットフォーム④:M&Aクラウド

M&Aクラウドは、買い手側と売り手側がオンライン上で直接交渉できるM&Aプラットフォームです。仲介業者を介さずに、当事者同士が交渉を行えます。

特徴は、出資ニーズを掲載している買い手側に対し、売り手側がアプローチをかけられることです。売り手側の84.0%が希望の買い手と出会えています。

もちろん、買い手側からオファーを出すことも可能です(オファーを受けるには、売り手側が売却・調達情報を入力・公開する必要あり)。買い手側の責任者とマッチング後平均1週間で面談できている点も見逃せません。

おすすめM&Aプラットフォーム⑤:M&Aプラス

M&Aプラスは、買い手側・売り手側に担当FAをつけることで公正な取引を実現しているM&Aプラットフォームです。

後継者問題などに悩む中小企業を対象としています。担当FAは、1,000名以上の専門家の中から公式サイト上で探せます。

特徴は、入会審査を行っていることと買い手側・売り手側のFAが適切と判断してからそれぞれのオーナーの承諾を得てマッチングが成立することです。双方にとって満足度の高い企業を見つけやすいといえます。

おすすめM&Aプラットフォーム⑥:MAfolova(マフォロヴァ)

MAfolovaは、中立な立場で売り手側企業や買い手側企業、アドバイザーなどを紹介しているM&Aプラットフォームです。

登録するとM&Aアドバイザーからニーズに合致する案件情報が届きます。手間をかけずに情報収集を進められる点が魅力です。

登録案件を外部に公表しない非公開型を採用している点も見逃せません。他のM&Aプラットフォームでは出会えない案件と出会える可能性があります。登録業種は、IT・Webサービス、医療・福祉、飲食店など多岐にわたります。登録企業数は約7,600社です。

おすすめM&Aプラットフォーム⑦:スピードM&A

スピードM&Aは、インターネット上のプライベートチャットで買い手側と売り手側が直接交渉できるM&Aプラットフォームです。

プライベートチャットは、秘密保持契約の締結機能、ファイル添付機能など、M&Aの交渉に必要な機能を備えています。専門的な知識がない場合は、M&Aコンサルタントに依頼することも可能です。

案件数は1,500件以上です。スピードM&Aの特徴は、直接交渉によるスピーディーなM&Aを実現していることと譲渡価格100万円からさまざまなジャンルの案件を登録できることといえます。

おすすめM&Aプラットフォーム⑧:fundbook(ファンドブック)

fundbookは、経験豊富な専属アドバイザーが専属チームの一員となりM&Aを成功に導いてくれるM&Aプラットフォームです。審査をクリアした案件のみが掲載されるため、信頼性の高い企業とマッチングできます。

プラットフォーム上で専門家が作成した企業概要書などを確認できる点、アドバイザーとやり取りできるチャット機能やさまざまな書類を受け渡しできるクラウド機能などを利用できる点も魅力です。多彩な機能を備えているため、M&Aのプロセスを大幅に短縮できる可能性があります。

おすすめM&Aプラットフォーム⑨:BIZIT(ビジット)

BIZITは、世界150カ国を対象とする海外M&Aプラットフォームです。海外M&Aの売却案件を、5,000社を超えるネットワークから探せます。

事前に買収ニーズを登録しておけば、該当する案件が新規登録されたときに通知を受け取ることも可能です。もちろん、売却案件を登録することや買収ニーズをもとに買い手側を検索して案件を提案することもできます。

世界中の専門家に価値算定や資料作成を依頼できる点も見逃せません。高度なセキュリティのもと秘匿性の高い仕組みで運用しているため、M&Aを検討していることを外部に知られたくない企業も安心して利用できます。

おすすめM&Aプラットフォーム⑩:ツグナラ

ツグナラは、非公開の地域中小企業M&Aプラットフォームを含むWebメディアプラットフォームです。M&Aプラットフォームは、事業承継に課題を抱える中小企業を主な対象にしています。

会社規模や売上規模を問わず相談できる点が特徴です。日本M&Aアドバイザー協会認定のアドバイザーが、マッチングからM&Aの成約までフルサポートしてくれます。

また、必要に応じて弁護士や公認会計士などの専門家を紹介してもらうことも可能です。知識が乏しい中小企業でも、M&Aを戦略的に実行できます。

目的やニーズに合わせてM&Aプラットフォームを選択

M&Aが注目を集めていることなどを受けて、現在ではさまざまなM&Aプラットフォームが登場しています。

例えば、売り手側と買い手側が直接交渉できるサービスやアドバイザーが条件に合致する企業を紹介してサポートしてくれるサービスなどがあります。

M&Aプラットフォームは、ニーズや条件に合わせて選ぶことが重要です。M&Aプラットフォームの選択に悩む場合は、M&Aに強い専門家に相談してみてはいかがでしょうか。M&Aに強い専門家は、企業と顧問のマッチングサイト「顧問バンク」で探せます。

8,500名のプロ人材・顧問が登録するプラットフォーム「顧問バンク」。
人脈を活用した営業活動の強化、社内の経営課題の解決に最適な人材に直接アプローチ!
→まずは、【公式】顧問バンクにアクセスしてPDFを無料でダウンロード

   

御社の課題を顧問で解決してみませんか?

顧問マッチングプラットフォーム
顧問バンク

スポット起用から長期まで、「必要なとき」「必要な人数」
課題にあわせて自由に選べる顧問マッチングサービス。

  • 雇用リスクを抑え
    即戦力を活用できる

  • 迅速なマッチングで、
    あらゆる課題に対応

  • 中間マージン0円優れた
    コストパフォーマンス

    お申込

タグ一覧